こんな記事が

<朝食に食べてはいけないもの>
その筆頭は、ベーコンやハム、ソーセージといった加工肉だ。

加工肉には硝酸塩が含まれており、これは直腸がんの原因となる。

がんを専門に研究する「The Institute of Cancer Reserch」が発表した「
がんのリスクを減らすためにすべきこと」というリストのトップには
「硝酸塩を摂取しない」ことが挙げられている。

次に、砂糖がけのシリアルも危険だ。
牛乳をかければおいしく手軽に食べられるため、忙しい朝には打ってつけだと
思いきや、これはGI値の高い炭水化物と糖の塊。
つまり、血糖値を急激に上げ、その後一気に下げてしまうのだ。
血糖値の急激な上昇は強い眠気を誘い、午前中の行動に支障を来すほか、
老化促進物質を生み出したり、糖尿病のリスクを上げたりと、利点は皆無。

食物繊維やタンパク質が含まれたシリアル(無農薬グラノーラなど)に変え、クルミなどを加えて食べるようにしよう。

午前中とかのみならず、眠くて仕方ない理由の答の一つが血糖値の急上昇の様です。

与えられた日々は限られています。
活発に、生産的に過ごすためにも朝食には気を付けましょう〜♬

今日も笑顔で必死のパッチ(笑)で!IMG_6554