友人チャーリーのメルマガから抜粋

お金は本人の努力の量に応じて積上っていくものなのです。

そしてそのお金こそ、本当に本人の糧となるのです。

ごく一部に親からの資産を受け継いだり、

本当に運が良かったりという人もいますが、

お金や資産を持っている大多数の人は、

本人の努力から得られるものなのです。

年収の大きさは本人の努力の大きさの積上りです。

日々新聞や本を読んで学ぶ。

他の人が早く帰っても、遅くまで残業をして、

その日やるべきことを片付ける。

効果的に仕事をこなす。更には取引先に喜ばれる仕事をする。

その努力が積み重なって年収に反映されるのです。

資産の大きさも本人の努力の積み重ねです。

投資について徹底的に学び、お金を守ることも学び、

ここぞというチャンスで大きくお金を活かす。

失敗することも経験のうち。

その中での経験値の積上げが、資産に反映されていくのです。

” 金銭は底のない海のごとし、良心も名誉もおぼれて浮かばれず。

 借金をするのは自由を売ること。 ”

by ベンジャミン・フランクリン アメリカの政治家、物理学者

カードローン、サラ金、クレジット

自分の信用をお金に換えることは容易いです。

その場の欲の為にお金を使うことは本当に容易い世の中であるし、

その衝動に駆られる情報が普段の生活の中でも満ちあふれています。

しかし一度、借金の中に身をおいて、

借金を返す為の生活に変わったとき、

自分の自由はどんどん奪われていきます。

お金のことを一から学ぶこと

これがなぜ今の時代に大切なのか?

本当に根本の部分から考えていく必要がある時代です。

残念ながら、今の日本では学校では全く教えてもらえませんからね。

欲深くお金を追い続けていても、

そのさきには本当の満足・幸福はありません。

お金の幻惑に惑わされない自分の軸を持ちたいものですね。

今日から少し旅に出ます。

(null)