IMG_4305
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
            ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊木浩史のIntegram公開します。
これから充実させていきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デブは損!サモア航空、体重などに基づく運賃制度を導入 世界初

南太平洋の島国サモアのサモア航空が昨年11月、乗客の体重と荷物の重さ、
飛行距離に基づいて運賃を決める制度を導入していたことが、このほど明らかになった。

運賃は国内線で1キログラム当たり約1.32タラ(約57円)、
サモアから米領サモアに行く便で1キログラム当たり3.8タラ(約164円)。

ラングトン氏は、特に家族連れの旅行者にとってお得だと言う。

航空業界で一般的な、11歳以下の乗客は大人運賃の半額になる運賃制度では、
11歳を超えると一気に大人料金になってしまうからだ。

世界保健機関(WHO)が2007年に出した報告によると、サモアの都市部では肥満率が75%にも上る。
ラングトン氏は、体重に基づく世界初の運賃制度の導入は、人々が肥満についてよりよく理解する上で役に立ったと話している。

これまでのところ、この運賃制度を導入しているのはサモア航空だけだが、ラングトン氏は「人々はこの制度を求め、航空会社は導入を検討せざるを得なくなる」と述べ、他の航空会社が追随するのは時間の問題だという見方を示した。

4月7日 AFP】より

これで、一層太らなくする必要性が出てきます。
海外旅行行く人はみんなスリムになっていくのでしょう。

現地でも食べ過ぎて体重が増えると運賃が増えるわけですから
旅行先での消費が減るような気がしますよね。

健康管理に意識を向けて行く人も増えるわけですよね。
健康になるとお金が貯まる。地球温暖化防止にもなる。

将来は税金とかにも体重に定期的に測定される体重が一つの指標になって
消費税や各種税が決められる日も来るかもです。


人気ブログランキングへ

BOOK

 

スピリチュアルなプチ億万長者伊木浩史のメルマガはいつでも質問にお答えしています。