仕事から「感動」がなくなると、「惰性」の日々が始まります。そのような労働時間の切り売りに情熱を傾けることはできません。

by 木下晴弘 #meigen #名言

皆さんは、仕事に生き甲斐を持てていますか?
今は新幹線の中から、富士山を観ながらこれを書いています。

車内を見回すと、朝から疲れ果てている顔が沢山観えるのです。

僕は東京での仕事を終えて、朝の5時起床で(睡眠時間30分(≧∇≦))で自宅へ戻るところです。
朝から沢山の来客があり、本日は自宅の大掃除と断捨離
夕方からは個人コーチングと面倒を見ている仲間との週間ビジネスミーティングという名の呑み会なのです。

朝から元気バリバリです(笑)

家族に会えたり、仲間に会えるからです。寝ている時間すらもったいないのです。

楽しみところへ向かうのに子どもはウキウキ顏なのに
何故、大人はウダウダ学校なんでしょう?

仕事やりたいないの?
惰性でやるくらいなら

辞めたらいいのにと思ってしまいます。辞めたら、ご飯が食べれないと思っている人へ

もっと自信を持たれた方がイイし、辞めたい時に辞めれる地力をつけて来なかった人は、急いでそれらをつけておかないと楽しく仕事が出来ないし、ゆとりも産まれないと思います。

今日も感動を仕事に
惰性をどうすれば内砕けるのか?!
って楽しみながらゲーム感覚で楽しむことをオススメします。

お金と時間から自由になる億万長者無料メルマガ
http://t.co/e8AjB8s74E

今朝の富士山綺麗なのだ。

20130918-071901.jpg