やるかどうかで、悩むとか悩まない
という事象は

出来る出来ないの次に起こる悩みの一つ

大抵の場合
やるべきこととやりたいこととさせられていることが混在して

悩むというよりわからなくなるコトが多い。

そして、フリーズしてやれなくなる
そしてやれないと

何故やらないんだ?!と
他人から云われたり、自分で自分を責めてしまう。

けれど、それはやらないのではなく
やれない状態にあることがお多い

自己啓発系や目標達成形の研修を沢山受けたし、やったけれど

結局、そのその手前にやれない理由を抱えている。

そこを解消しないと前なんかへ進めはしない

大抵は根性とかの力技や知的な思考の議論が自他ともに重ねられその正当性のある真理とやらで苦しむ結果となる

手法は色々あるけれど

実際は
未来をイメージする前にモノゴトが多すぎる

整理すればかなり楽にはなる

1.余計な”モノ””コト”を捨てる
2.元々描いていた未来を掘り起こす
3.そして、、計画は適当でいいコトが多い

単発で書くため良く誤解を受けてしまうらしいが、全く気にせず生きてきてしまった^^;が

どうにかこうにか豊かに生きている

僕はビジョンは明確にしたが
目標は一つだけ決めて、さほど細分化もせずにやったら上手く行けたケースであり、、こんなやり方の人の方が上手く行っているようなのだ。

人それぞれの段階がある。
それぞれが楽しみながらやりがいと味わえる方を選べばイイが

大抵はねばならないが先行し過ぎて、苦しむ。

そしてそれをも肯定的に捉えて
肝心な嘘を隠しながら過労死してしまう。

あー、恐ろしや

今日は都内で会議なのだ。

いっそ東京へ住めと云われるが
絶対にイヤなのだ。

関西が好きやねん