おはようございます(^O^)
私見ですが、

TwitterもすべてのSNSは
ありのままを呟けば呟くほどフォロワーは減る

それは言葉に全てに共感できるのは非常に少ないからだ
最後に残るのは自分とか自分を愛してくれてる人だけではないだろうか?
当たり前かもしれないけれど、すべての人から好かれることなどない
好かれ度合いが高いほど、逆の嫌われ度合いも増す
バランスだからそれは自然なことだ
でも、人はその自然に戦いを挑むよようだ
好かれたい、フォロワーを読者をたくさん欲しい
そんな風に感じませんか?
それも自然なんでしょうか?
生き延びるための本能の欲求を越えて
何かに脅かされたり、何かと比較してその相手を間違って
必要以上に仲間を求めすぎてる気がします。
100000人のフォロワーより
たった数人のどんなときもリアルに助け合えす友人や家族の方が
僕にはありがたいんです。
時に、
イイねは応援の数、共感は応援の形を変えた手段でもある気がします。
応援される人間であろうとする必要ないけれど
応援できる人ではある努力は欠かせない気がする

フォロワーを増やしたければ他人が気に入りそうな呟き方をすれば良い
そうやって、気を使う間に自分をそのまま表現できる場所がなくなる
だから、本当に言いたいことを言える場所をどこに置くのかを考える必要がある
そうは思いませんか?
今日もありのままで生きれる環境にいることが大切なんでしょうね。

$ニケちゃんの夢を叶える魔法のブログ-ハワイ自分